• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館
藍民芸館 コレクション展示品

「武者絵幟」(両側) 筒描 木綿 江戸、
「長鳴鶏と鉦鼓」(中央) 筒描 木綿 江戸

「武者絵幟」(両側) 筒描 木綿 江戸、「長鳴鶏と鉦鼓」(中央) 筒描 木綿 江戸

「武者絵幟」(両側) 筒描 木綿 江戸

男の子の成長や出産を祝って、端午の節句に飾られました。現在でも鯉幟と一緒に飾る地方があります。近い所では長野県、群馬県でも見られます。嫁ぎ先の家紋を入れたものや実家の家紋と両方入れたものなど、その地方のしきたりにより異なります。

「長鳴鶏と鉦鼓」(中央) 筒描 木綿 江戸

この幟は祝祭事用として神社に飾られたものです。描かれているのは、天岩戸伝説で知られる長鳴鶏で、「暗」から「明」に転じることを鳴いて知らせてくれる縁起の良い鶏と、神社仏閣の行事に演奏された雅楽器の鉦鼓です。