• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館
藍民芸館 コレクション展示品

「刺し子半纏 浪裡白(ろうりはく)跳張順(ちょうちょうじゅん)
水門破りの図」 江戸

「刺し子半纏 浪裡白(ろうりはく)跳張順(ちょうちょうじゅん)・水門破りの図」 江戸

鳶職で直接消火にあたる者が着た半纏です。浮世絵師が一点ものとして絵を描いた綿布に、綿布を袷(あわせ)仕立てにし、刺し子をほどこしています。これは消火の際、水をかぶってたっぷりと水を含ませるためです。

描かれているのは、「浪裡白(ろうりはく)跳張順(ちょうちょうじゅん)・水門破り」の図です。張順は江州で魚問屋の親方をしていた者で、水練と武芸の達人でした。刺青の図柄でも人気がありました。