• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館
藍民芸館 コレクション展示品

「幻灯版・舌切り雀」明治

「幻灯版・舌切り雀」明治

幻灯は「写し絵」ともいわれ、柏崎では明治17年に共栄座で西洋写し絵会が催されました。明治40年代になると役所などに置かれ、風俗講演会と称して巡回で公演しました。幻灯会のある日は前々から心待ちにしていて、当日は一家揃って見に出かけ、大人も子供も楽しみにしていました。会場はたいてい小学校で、出し物は「浦島太郎」や「桃太郎」などの民話や童話が主でした。写真の幻灯板は「舌切り雀」で6×6cm 彩色9枚組 です。