• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館
藍民芸館 コレクション展示品

「そば猪口」と「そば猪口棚」

「そば猪口」と「そば猪口棚」

江戸の中頃から「そば切り」と呼ばれる現在の細長い形のそばが出来、日本全国で蕎麦ブームが起こりました。そこから蕎麦に丁度良い猪口が多く用いられるようになり、現在の蕎麦猪口が定着していったようです。初期伊万里の小ぶりの印判もの、大ぶりのアルファッベトの文字が入った珍しいもの、やはり大ぶりのたこ唐草の猪口とかわいらしい赤絵の猪口は江戸中期から後期の伊万里、南蛮人色絵のものは珍しい品です。