• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館
藍民芸館 コレクション展示品

「ベロ藍大皿」と「ベロ藍角皿」明治

「ベロ藍大皿」と「ベロ藍角皿」明治

江戸・天保にドイツのベルリンから入ってきた化学染料のベルリン藍を焼き物に使いはじめたのは幕末からです。今までにない濃い藍色が出せその上安価でした。そんなことから明治に入って日本中埋め尽くすほどに流行ったものです。ただあまりにも流行りすぎた為に、その後飽きられ疎まれて次第に無くなっていきました。尚、「ベロ藍」は「ベルリン藍(ベロリン藍)」がつまって呼ばれたそうです。