• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館

貧乏徳利」 
  屋号『和泉屋』入り 四合徳利 明治時代 美濃焼

2012年7月号

月刊「藍民芸館」

江戸後期から明治・大正にかけて酒屋から酒を買うときに用いた

貸し徳利・通い徳利のことを貧乏徳利と呼びました。

◆ ◆ ◆

墫で買うことの出来なかった貧しい庶民のための量り売り用の徳利です。

ガラスの一升瓶が普及するまで使われました。

◆ ◆ ◆

今回ご紹介した徳利は コレクター松田政秀が生前・昭和46年10月に柏崎の図書館で開催した

『明治ベロ藍 やきもの展』の目録の表紙を飾ったものです。

◆ ◆ ◆

庶民のささやかな楽しみが四合の小さな徳利からにじみ出ます。