• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館

「 赤子の湯上げ布 松竹梅鶴亀文様 筒描木綿

2013年5月号

 

月刊「藍民芸館」

一角だけ朱に染められた風呂敷位の大きさの布は、

嫁いだ娘の出産の祝いに実家から、藍染のおしめと一緒に贈られた湯上げです。

◆ ◆ ◆

産湯からあげた赤子の頭や顔を、朱の部分で拭きました。

顔とお尻を一緒の場所で拭くと出世しないという言伝えがあります。

衛生面でも理に適っています。

◆ ◆ ◆

昔は大切に風習が守られ、模様にも意味が込められていました。

◆ ◆ ◆