• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館

幻灯 ― 種板 ― 正チャンの冒険

2013年9月号

           

月刊「藍民芸館」

来月10月5日(土)〜11月24日(日)の期間 秋の特別展として『幻灯』を開催いたします。

幻灯の歴史・活用法等は2010年月刊民芸館6月号〜9月号でご紹介していますのでご覧下さい。

 

◆ ◆ ◆

今回は大正時代(大正12年・1923年アサヒグラフで連載開始)の

人気漫画『正チャンの冒険』の幻灯板をご紹介いたします。

◆ ◆ ◆

主人公は正義感が強く勇気のある少年「正チャン」。

いろいろな魔物と悠然と立ち向かう冒険ものです。

トレードマークの帽子は「正チャン帽」と呼ばれ、年配の方々からは今も聞かれる愛称です。

いつもお供には言葉を話すリス君を連れています。

◆ ◆ ◆

作者は樺島(かばしま)勝一(かついち)(1888〜1965)

大正11年に朝日新聞社に入社・東風人のペンネームで『正チャンの冒険』を連載しました。

 

◆ ◆ ◆

当館には『正チャンの冒険』シリーズの中の4話収蔵されています。

『大阪朝日新聞社ヘユクノ巻 全14枚』

『姫様ヲ助ケルノ巻 全15枚』

『茶バシラガタツノ巻 全12枚』

『木星ニユクノ巻 全12枚』