• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館


二つ巴に龍と葉 ベロ藍 かぶと鉢 明治

2014年6月号

  

 

    

月刊「藍民芸館」

ベロ藍の収蔵品のほとんどは、熟練の職人の巧みな筆使いによって

絵付けが施されています。 が…今回ご紹介するこのかぶと鉢は様子が違っています。

◆ ◆ ◆

歪んだ玉の中に描かれているミジンコみたいな物は? 

と目を凝らし色々と考え想像し、たぶん『龍』です。

◆ ◆ ◆

片側の密集した筆点はやはり想像するところ、

タコ唐草が成長しジャングルと化しているように見えます。

◆ ◆ ◆

中央をグダグダの線で二つに分けているのも 二つ巴、

もしくは道教の太極図を意識していのものと思われます。たぶん。

◆ ◆ ◆

当時にも現代のような『ゆるい』あるいは『うまへた』を楽しんで作られたものか、

単に稚拙なのか興味深い一点です。