• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館

ベロ藍やきものの歌 昭和40年代       歌 松田政秀  書 遠山聴雨

2015年11月号

         

 

 

月刊「藍民芸館」

「深(ふか)藍(あい)の奥處(おくど)にひそむ魔神いて藍こんこんと吐き續くなり」

◆ ◆ ◆

昭和46年・政秀63歳の秋に『明治ベロ藍やきもの展』が柏崎市立図書館で開かれました。

◆ ◆ ◆

その時のパンフレットには、コレクターであり柏崎歌会の主幹でもあった政秀の、ベロ藍のやきものに対する思いを詠んだ歌が二十首載せられています。

◆ ◆ ◆

その中の一首がこの歌で、ベロ藍に魅せられ、

その魔力に嵌っていった政秀の心情が良く表されています。

◆ ◆ ◆

書は当時懇意にしていた柏崎の書家・遠山聴雨氏(1919〜2005)に

是非にとお願いし書いて頂いたものです。

押された雅印は、政秀が彫り聴雨氏に贈ったものです。

◆ ◆ ◆