• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館

鉄鉤 (鉤縄(かぎなわ)の一部分) 鉄製 幕末)

2016年3月号

月刊「藍民芸館」

縄の先にこの鉄鉤をつけた道具を鉤縄(かぎなわ)といいます。

◆ ◆ ◆

足がかりの無い壁・崖などを登る時や橋のない谷を渡る時などに使ったとされます。

◆ ◆ ◆

特に、日本の戦国時代に忍者が使っていたという道具で、

「忍びの七つ道具」の一つに数えられるそうです。

なお、忍者だけでなく、兵や侍が使うこともあったそうです。

◆ ◆ ◆

用途の基本は上記のとおりですが、人を捕えた際に体を縛ることも、

また縄を持ち鉤をふりまわすことで武器として用いることもできたともいうことです。

◆ ◆ ◆