• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「藍民芸館」
藍民芸館

幻灯板  沖縄の様子 明治時代 7点 

2017年7月号

 

 

月刊「藍民芸館」

先日(2017年6月5日)朝日新聞の1面に 戦前の1935(昭和10)年に

沖縄で大阪朝日新聞の記者が撮ったネガ277コマが見つかったと、大きく報じられました。

◆ ◆ ◆

沖縄戦で戦前の沖縄の写真の多くが消失しているために大変貴重な資料と書かれていました。

◆ ◆ ◆

また、東京の写真家も撮っているがやはり東京大空襲で残っている物はわずかとありました。

◆ ◆ ◆

それは大変、なぜなら当館には戦前それも多分明治ないし大正時代の

沖縄の人々を映す幻灯板が7枚存在しているからです。

(昭和の幻灯はフイルム状のものが多く、収蔵の物はガラス板なのでそれ以前のものと考えます)

◆ ◆ ◆

写真は幻灯板の一部です。

尚、秋季展【2017年10月7日〜11月23日】に7枚すべて展示公開致します。

◆ ◆ ◆