• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「痴娯の家」
痴娯の家
痴娯の家 コレクション展示品

成田屋人形

成田屋人形

伏見は古代から埴輪や土器の産地でした。伏見土人形は江戸時代初期、伏見稲荷を背景とし、民間信仰(豊作祈願)と結ばれて発展していきました。深草人形ともいいます。成田屋は歌舞伎の当り狂言で、初代市川団十郎の「矢の根」、二代目の「暫」、三代目の「助六」をテーマに七代目団十郎が江戸追放を許されて今日から帰る時の江戸へのみやげとして、伏見割松屋が作りました。この伏見の土人形は、現在でも約百種類あるそうです。